曽根天満宮

当院にはいつも後ろから見守ってくれている天満宮があります

それは『曽根天満宮』といいます

P1010025.jpg
 この神社の創建年代については不詳であるが、社伝では延喜元年(901年)菅原道真が大宰府に左遷される途上に伊保の港から上陸し、「我に罪なくば栄えよ」と松を手植えした。後に播磨国に流罪となった子の菅原淳茂が創建したものと伝えている。江戸時代には江戸幕府から朱印状も与えられていた。

秋季例大祭
 一ツ物、和供(にごく)、流鏑馬が神事として行われる。流鏑馬はできる者がいないため、代わりに御幣を納めている。一ツ物は4名、相手役の行事は1名の男児が勤め、拝殿で一ツ物と行事が杯をかわす。

 一ツ物神が憑依する神童であったと理解されており、行事はその聞き取り役であったと推測されている。神聖なものとされ、地面に足を付けずに肩車や馬で宮入する。一ツ物は狩衣を着て、山鳥の尾羽のついた花傘をかぶり、顔には化粧を施し、額に「八」の字を書く。行事は烏帽子姿に白い狩衣を着る。一ツ物の宮入・宮出の際、先頭を行く青竹はかつては先導のみを目的としたものであったが、現在は地面に叩きつけて割る竹割りが行われている。

 14日に行われるお面掛けでは拝殿において翁舞が奉納される。

 氏子地域からは11台の屋台、4台の子供屋台が宮入りする。この地域の屋台は反り屋根型布団屋台と呼ばれるもので、北ノ丁が姫路市別所町の宮大工に作らせたのが起源であり、曽根天満宮が発祥である。


秋祭りまであと103日です


学問の神様、菅原道真様は
今の日本をどう思ってはるのでしょうね。




うちの連中には
祭が終わってから、
祭りまであと○○○日・・・・と毎日メールしてくる
大の祭好きがいます
20110613234216.jpg

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ちなみに、ウンチクではないのですが、一ツ物より行事の方が
格が上なのですよ。

井戸沢不公平くんは本当に祭り好きやもんな。
わたしもお手上げですわ。

いやいや

梅鉢さんとサワイさんは

毎年、どっちが祭好きか、競ってらっしゃいますね。

あれはいつみても笑えるv-10
ブログ閲覧ありがとうございます

亀野鍼灸整骨院

Author:亀野鍼灸整骨院
☆★☆★☆★☆★☆★☆★
   ≪整骨院からお知らせ≫

交通事故、骨折・脱臼・打撲・捻挫・肉離れやスポーツ傷害を得意とする亀野整骨院です。

 
 当院では超音波観察装置を用いて徹底的に怪我の管理・治療を行います。
 
 最新情報は下にあるカテゴリー欄の『お知らせ』をご覧ください
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ブログカレンダー
カテゴリー
最近の記事+コメント
リンク
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
只今の時間
今日のダジャレ

ブログ内検索
QRコード
QRコード
肥満度チェッカー

powered by ブログパーツの森