灘のけんか祭り

今日は午前中に免許の更新に行ったので

午後は何しよう・・・。


そういえば、白浜の祭りと大塩の祭りが雨で日延べしているので

祭りを見に行こう!!


始めて行くので、どこに行ったらいいの

かわからない~


とりあえず練り場へ

CIMG0596.jpg

恐ろしいほどの人人人・・・

段々畑のような桟敷

真ん中では『獅子舞』が楽しそうに舞っています

CIMG0597.jpg

上の神社にはヤッサがたくさん並んでいると聞き、

とりあえず、御旅神社に登ってみよう


そしたらすごい勢いで神輿が数台降りていきました


CIMG0603.jpg

CIMG0611.jpg



やっとの思いで頂上に到着

この山を屋台を担ぎながら上るなんて・・・

おそろしい



山頂の神社の前には

各町の人力で担ぎ上げられた屋台がずらり

CIMG0604.jpg


すごい大勢の人なので

子供を抱えながらではこれ以上前に進めない


せっかくなので最前列にあった

『八家』の屋台に乗せてもらいました

CIMG0618.jpg


しばらくするとヤッサが下山しました。

まずは『木場』

CIMG0629.jpg

これまた担ぎながら下山




次に『松原』

CIMG0635.jpg


おや?

どこからか、曽根のにおいがする


くんくん

くんくん・・・

でた~~

CIMG0634.jpg

ヘラクレスこぶちょー兄弟

曽根では不完全燃焼ということでこんなところまで

担ぎに来てました

この二人、どんだけ祭りが好きなんでしょう



私たちも屋台と共に無事下山し

最後に練り場で神輿練りを楽しみました

CIMG0636_20111017091942.jpg

勢いあまって、国道に神輿が落ちてきて、私たちの目の前で

神輿ではなく人同士のけ○かが勃発


も~いや~


 姫路市白浜町の松原八幡神社で行われる秋季例祭の名称である。「灘まつり」は、また「灘のけんか祭り」とか、「妻鹿のけんか祭り」とも呼ばれ、古めかしい神輿をぶつけ合う特殊な神事によって、天下の奇祭だとか、全国の数ある「けんか祭り」の中でも最大規模の祭りであるといわれ、すでに戦前から播磨を代表する祭りとして知られていた。

 戦後は、この神輿練りのほか、絢爛たる屋台を盛大に練り競う勇壮豪華な屋台練りが人気を呼び、国内はもとより海外にまでその名を知られるようになった

ホームページ
↓ ↓ ↓
灘のけんか祭り

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ閲覧ありがとうございます

亀野鍼灸整骨院

Author:亀野鍼灸整骨院
☆★☆★☆★☆★☆★☆★
   ≪整骨院からお知らせ≫

交通事故、骨折・脱臼・打撲・捻挫・肉離れやスポーツ傷害を得意とする亀野整骨院です。

 
 当院では超音波観察装置を用いて徹底的に怪我の管理・治療を行います。
 
 最新情報は下にあるカテゴリー欄の『お知らせ』をご覧ください
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ブログカレンダー
カテゴリー
最近の記事+コメント
リンク
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
只今の時間
今日のダジャレ

ブログ内検索
QRコード
QRコード
肥満度チェッカー

powered by ブログパーツの森